萬代 陽一

Profile

Webシステム部 主任

 

調理師からデスクワークに憧れてIT企業にインフラエンジニアとして転職。サーバー運用の傍らウェブアプリケーションの開発にも携わるようになったのをきっかけにプログラミングの楽しさを覚え、2014年にビヨンドに入社。ビヨンドでは主にゲームAPI開発に担当。

―どのような仕事をしていますか?

普段はゲームサーバーサイドAPIの開発がメインです。仕様書から必要なAPIの洗い出し・DBの設計・APIの設計・実装・テストまで全ての工程に携わっています。最近では自社コンテンツの開発に携わる機会も得て、インフラ構成から実装まで関わることができました。GCPを使ってシステムを運用している中で得た知見などをまとめて、GCPUGに登壇させてもらったのは楽しかった良い思い出ですね。


―ビヨンドに入社したきっかけ

求人を見て応募しました。普通ですね。面接の前に、面談の場を設けていただいたのですが、その時話したのが現在代表を務めている原岡でした。(いい意味で)ゆるい感じで面談は進んで、ビヨンドが抱える問題だとか今後について包み隠さず話してもらえたように思います。そんな話の中で、自分が働くビジョンが明確になったことと、会社の成長と共に自分も成長していける気がした記憶があります。


―この仕事のやりがい

ゲーム業界に身を置かれている方はゲームが好きで仕事をされている方が多いので、こちらも自然と気合が入りますね。納期前はバタバタすることが多いですが、無事にリリースした後に飲むお酒は格別です。今までやってきた仕事はどれも大事な仕事ですが、その中でも小さい頃によく遊んだゲームを作られた会社様と一緒にゲームを作ったり、運用をさせてもらったりすると嬉しいですね。


―ビヨンドの良いところ

僕が入社した頃は、家庭を持っているメンバーが多かったので、家庭の事情で休んだりといったことへの理解が昔から浸透していたのはありがたいですね。基本はフレックス出社なので、都合に合わせて出社時間を早めたり遅らせたりといった融通が利きます。売上が良ければですが、年に1度は社員旅行で海外にも行けるので、仕事にも意欲が出ますよ。