木田 亜優美

Profile

コンテンツ事業部

 

2017年中途入社。ビヨンドで働く以前は飲食業や営業を経験。知人のECサイト運営に携わる中でIT業界に興味を持ち始め、ビヨンドで働き始める。コンテンツ事業部に所属しており、主に自社コンテンツの【予約システム】や【Webサイト自動監視システム】のカスタマー、運営全般を担当。また、マーケティング活動にも携わっており、販促物や商材紹介チラシ、自社コンテンツのデザインなどを一部担当。

―どのような仕事をしていますか?

コンテンツ事業部で自社コンテンツの運営を行う仕事をしています。現在ビヨンドでは【予約システム EDISONE(エジソン)】と【Web自動監視システム Appmill(アプミル)】があり、具体的な業務内容は、コンテンツを利用するユーザーのカスタマーや、デバック作業、実装課題の管理、開発エンジニアとの打ち合わせ、マーケティング業務など行っています。その他にも、Webサイトや商材チラシのデザインを行ったり、勉強会やクラウドユーザー会へ参加したりなど様々なことを担当しています。


―ビヨンドに入社したきっかけ

ビヨンドに入る前は、飲食店の経営に携わったり、通信商材の営業などを行っていました。そんな中、知人が立ち上げたファッションブランドのECサイト運営に携わる機会があり、そこでWebサイトのデザインや仕組みに興味を持ち始め、ビヨンドに入社しました。


―この仕事のやりがい

ビヨンドに入った頃、「コンテンツ事業部って何から始めたらいいんだ?」と不安だらけでしたが、先輩の丁寧な指導と、たくさんの書物を自由に借りられるビヨンドの制度のおかげで、出来ることが段々と増え、今では学びながら楽しく仕事することが出来ています。お客様から「使いやすいコンテンツです。今後のバージョンアップも楽しみにしています」とエールを頂くこともあり、それが一番のやりがいを感じる瞬間です。またGoogle Cloud NEXTや東京ゲームショーにブース出展を行っているため、ここで働くからこそできる貴重な体験もあります。積極的であればあるほど、たくさんのチャンスをもらえることが出来る職場です。


―ビヨンドの良いところ

技術本の貸し出し、資格取得、セミナー登壇など、いろんな経験が出来ます。また福利厚生が充実しているのもビヨンドの魅力だと思います。社内には、テレビ・ゲーム・漫画・コーヒー・軽食販売・仮眠ソファ・カウンターテーブルなどとても過ごしやすいスペースが用意されています。何より私が1番いいと思うところは、「フレックスタイム制」のおかげで朝ゆっくり出社できるところです。朝が弱い人にはとてもありがたい制度!